前へ
次へ

産休を取るときの待遇はどのようになるか

これから出産を控えている場合には、産休をとらなければいけません。会社に勤務していない場合には、産休を取る必要は無いですが、勤務している場合はこれを取る人がほとんどです。少なくとも、出産前の産休を取ることに関しては法律上定めがあるわけではありません。つまり、調整でもないわけです。自由に産休を取るかどうかを決めて良いといえます。早い段階では、1ヵ月以上前から休むことも可能です。初めて出産をする場合には、早い段階で産休の請求をして産休に入るようにした方が良いかもしれません。2人目以降に関しては、子供が生まれる経験をしているため、それほど早い段階で取らなくても問題ないケースが多いです。出産した後は、確実に取らなければいけないものとされています。出産した後、産休を取る場合58日間は会社に出ることができません。会社側もそれをよく理解しています。この間、お金がどのようになっているか気になる人も多いはずです。人々が働くのは、お金が欲しいからであり好きで働いているわけではない人が多いです。そのため、もしお金が手に入るならば、その期間産休をとって休んだ方が良いといえます。いざ働いている会社によってその結果は大きく異なるでしょう。例えば、産休を取る間は給料が出る所も存在しています。給料が出る場合でも、全額出るとは限らず8割ぐらいしかもらえないケースも多いです。それでも全くもらえないよりは良いと言えるでしょう。これに対して、小さな会社等は経営的にも問題があるため全く給料が出ないところもあります。もし金銭的な心配がある場合には、出産の直前まで働いても問題ないでしょう。ただ、あまり直前すぎても色々と問題が生じます。職場で破水などをしても本人が嫌なだけでなく周りも気を遣ってしまいます。救急車等で運ばれるケースが考えられるため、可能な限り早い段階で産休を取る必要があります。この場合には、請求をしなければいけませんが、なるべく早い段階で伝えておいた方が良いでしょう。あまり半年前に伝える人はいないかもしれませんが、3ヶ月ぐらい前から伝えるか会社の方でそしてそのような話をしてくれるかもしれません。

Page Top